Search

home

アラビア書道ってなに?

アラビア書道はクルアーンを書くために発展した芸術です。世界の他の書道とは異なった特徴をもっていると言われています。イスラームとともに広く発展し、今日では多種多様な書体があります。

アラビア書道の始まり

 イスラーム以前のアラブにとって、アラビア語を書くことやアラビア書道に特別な意味はありませんでした。なぜなら、人々は科学にそんなに興味もなく、読み書きできる人も少ないなど、生活であまり使わなかったからです。しかしイスラームという宗教が生まれると、聖典であるクルアーンを守るために書き物は必要になりました。はじめは、書くことはただコーランを書くために大事なことでした。しかし、イスラームでは知識とそれを学ぶことをすすめているので、書くことは次第に、イスラーム文明を建設するうえで重要なことがらのひとつになりました。
ここで、例をあげたいと思います。
例えば預言者は、捕虜に対して「10人の子供に書くことと読むことを教えれば自由になります」と言いました。
そしてイスラームは数学、化学、地理学といった諸学問を発達させ、イスラーム文明がつくられました。その発展の一環としてアラビア書道もどんどん進化を遂げていったのです。

 

アラビア書道についてもっと詳しく知りたい方は、

ぜひblogものぞいてみてください!

  • 道具(筆、紙、墨)
  • 書体(作品)
  • 文字の説明 書く上での特徴 etc.